野新聞(10月15日)に、以下の様な記事がありました。
料理の世界コンテストの記事なのですが、トップ3のファイナリストというだけではなく、
フランス代表に日本人がなっていることに驚きます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-17-29-46

現地メディア(写真出典はここです)からは、 le maquereau サバを使った料理が
評価されたことがわかります。
宇都宮の出身で、高校の料理科をでてそのまま知り合いもいないフランスに渡り、
いきなりレストランに自分自身を売り込んで、渡仏から12年後いまでは
三ツ星レストラン<エピキュール>の副料理長になっています。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-15-16-59

安發伸太郎さんのことは、明治大学の藤田結子教授がインタビューしており、
下記の記事で読むことができます。

安發さんは、フランス語ができたわけではなく、最初は語学学校に入って
フランス語を学んだそうです。
インタビューの中で、流石だと思えたことが次の質問への答えです。

Q:今までこれだけ経験を積まれていますが、ずっとフランスなんですね。フランスで働くには何が大事なのでしょうか。

安發:情熱。パッションがあるかないか。料理人やっていっても、ほんとに料理が好きなのかは重要です。この仕事、労働時間も長いですし、大変なので、ほんとに好きじゃなければできない。仕事として見てると、なかなか難しい。趣味としてやらないとなかなか難しい点がある。そうですね、私の場合はもう 趣味です。

人生を賭けられる趣味を見つけて、そこに情熱をかけられることが
結果的に仕事の原動力になっているんですね。

インタビュー 安發伸太郎(安発伸太郎 / あわ しんたろう) 料理人 #Paris

Shintaro Awa (安發伸太郎さん)を知っていますか?
Tagged on: